寄り道しながら歩く

体験(経験)したことを少しずつ書いていきたいと思います。

頭部リンパ流しで、頭部を健康に!

2月末に新聞に掲載されていた
「頭部リンパ流し」の本を購入し、
現在実践中です。

 

この本には、
頭部のリンパの流れを良くすることで、
髪の健康を保つ方法が
詳しく紹介されていました。

 

購入した本の内容を実践した結果、
洗髪時に抜ける髪の毛が
大幅に減少しました。

 

具体的には、
当初は50本以上の髪の毛が
抜けていたのですが、
実践を始めてから2週間後には
毎回10本ずつ減り、
現在では10~20本で安定しています。

 

この実践方法について、
具体的に以下のように取り組んでいます。

 

①     頭部リンパ流し:
  以前は頭の骨だと思っていた部分が、
  実は頭皮下の「老廃物」であることがわかり、
  それをマッサージすることで
  柔らかくすることができました。

 

  本には、頭が痛い場合は
  老廃物が溜まっている可能性があると
  記載されていましたが、
  始めた当初は痛みを感じませんでした。

 

  しかし、継続するうちに
  頭頂部付近のマッサージをする際に
  痛みを感じるようになりました。

 

  この痛みは老廃物が溜まっている
  証拠だと理解し、
  続けています。

 

  マッサージの際には、
  手のひらの下の方を上手く使って、
  円を描くようにすると楽に行えます。

 

②     予洗い:
  シャンプーをする前に
  お湯だけで髪の汚れを予洗いし、
  時間をかけて
  しっかりと行うようにしました。

 

  予洗いはシャンプー前に行う
  洗髪の準備工程であり、
  これを丁寧に行うことで
  シャンプーの効果が高まりました。

 

③     シャンプーとリンスの使用量を減らす:
  シャンプーやリンスの使用量を
  約半分に減らして使用しました。

 

  最初は髪が傷んだように感じましたが、
  現在では落ち着いていて、
  以前と変わらない状態を保っています。

 

  ただし、注意することがあります。
  頭皮マッサージは、
  長ければ長いほど良いというわけではありません。

 

  長時間マッサージをしてしまうことで、
  頭皮に負担がかかってしまい、
  頭痛がしてしまうこともあるので、
  長くても5分くらいにしておきましょう。

 

  あくまで、鎖骨下までリンパを流すことを
  イメージしながら行うことが大切です。

  

  頭部から鎖骨下まで老廃物を流さないと、
  首や肩が重苦しくなってきます。

  2日くらい、苦しかったです。
  (経験しました。)

 

  これらの習慣を継続した結果、
  髪の毛が以前よりも太くなり、
  色も濃くなるという変化も体験しています。

 

  実践して2ヵ月半ほどですが、
  少しずつ成果が現れているので、
  今後もこの方法を続けていこうと思っています。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

piaurny.site

 

piaurny.site