寄り道しながら歩く

体験(経験)したことを少しずつ書いていきたいと思います。

【 AutoCAD Civil 3D 】線形設計基準の違反《 連続性違反 》を解除・修正。

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

近頃、

Autodesk civil 3d 

の勉強をしています。

 

その途中で、

連続性違反 》になり、

検索をかけましたが、

わかりやすく書いてあるサイトが

ありませんでした。

 

あっても、

画像等はなく文章のみで、

初心者には『???』です。

 

同じようなところで

苦労されている方のために、

書いておきます。

 

初心者のため、

『不足』があった際には、

申し訳ございません。

よろしくお願いします。

 

問題点

 

[ オブジェクトから線形を作成 ]した際に、

線形の一部に表示されました。

 

《 連続性違反 》の状態。

これは、[ 要素間の連続性をチェック ]する項目で、
違反があったことを示しています。

 

線分、曲線、または緩和曲線要素の
いずれもが接することなく、かつその前の、
または次の要素に接続しているとき、
警告記号が図面と線形グリッド ビューに表示される。


2 つの線分要素が交差している場合には、
接線のチェックは行われません。

 

警告記号の上にカーソルを合わせると、
 違反に関する情報が
 ツールチップに表示されます。

解除・修正方法

 ①解除方法

 線形を選択して(掴んで)、

 右クリックメニューの

 [ 線形プロパティ... ]を選択する。

 

右クリックメニュー。

 [ 線形プロパティ ]ダイアログが表示されます。
 [ 設計基準 ]タブを選択して、

 右下の枠内を確認。

[ 線形プロパティ ]ダイアログ。

この項目で違反があったための
【連続性違反】ですので、
ダイアログ右下の✓(チェック)をはずすと、
消えます。

 

チェックをはずした後、
[ OK ]を選択して、ダイアログを閉じます。

 

②修正方法

 線形を選択して(掴んで)、
 右クリックメニューの
 [ 線形ジオメトリを編集... ]を選択する。

右クリックメニュー。

 [ 線形レイアウトツール ]
 ツールバーが表示されます。

[ 線形レイアウトツール ]ツールバー

 [ 線形レイアウトツール ]ツールバー
 右から3番目
 [ 線形グリッドビュー ]をクリック。

 

 [ 線形図形 ]ビスタが表示されます。

[ 線形図形 ]ビスタ。

 ここでは、[ No.4 曲線(C)]の正接拘束が
 [ 非拘束(固定)]になっているために、
 【 連続性違反 】になっています。

         ↓

 [ No.4 曲線(C)]を

   非拘束(固定) → 両側で拘束(非固定)

 に修正します。

修正画面。

 →修正後。

修正後の画面。

 警告記号が消えました。

警告記号が消えた状態。

ーー補足ーー

正接拘束』についての説明は、

下記のリンクで確認できます。

 

Autodesk Help 概要 - 線形図形の正接拘束

 

civil3d 2024のページになりますが、

他のバージョンでも、

同じ内容になります。

 

 

 

piaurny.site

 

piaurny.site

 

piaurny.site

 

piaurny.site

 

piaurny.site